食べ歩き&ぬい撮り散策記

パンケーキ多めの食べ歩きと、ぬい撮りの記録

有楽町・6th by Oriental Hotel〜バスクチーズケーキ&パンケーキ

time 2019/04/13

有楽町・6th by Oriental Hotel〜バスクチーズケーキ&パンケーキ

有楽町に行ったら、食べたい絶品チーズケーキとパンケーキ。

今回はこの2品を求めて、パンケーキ仲間のはるなさんと一緒に、ホテルと言う名のレストランであるこちらにお邪魔してきました。

sponsored link

6th by Oriental Hotel外観

6th by Oriental Hotel・外観

アクセスはJR有楽町駅からであれば、出口からすぐ。それ以外からのお越しでもビッグカメラの近くと覚えておけば、さほど迷う事はなさそうです。

休日のブランチタイムと重なって、お店の外には行列。とはいえ席数は300席と多く、回転も速いので列が出来ていてもあまり待つことはないかもしれません。

天気が良ければテラス席でゆったりするのも良さそう。

窓際の眺めもまた良し。

ウイークエンドランチメニュー

食事&デザートメニュー
ドリンク&アルコールメニュー

パスタや肉料理、デザートにアルコールメニューと充実。

コース料理もあるので、贅沢にブランチを楽しむこともできます。

この日は大手町から歩いて来たので、まずはアイスカフェオレで喉を潤します。

アイスカフェオレ ¥600-

今回頂いたもの

バスクチーズケーキ

バスクチーズケーキ ¥800-

ぱっと見でも中のトロトロとしっとりの境目が分かる見た目に、生クリームのトッピング。

一見生焼け?かと思えますが、全然そんなことはなく、チーズケーキをクリームにしたような食感。
外側のずっしりしっとりした、濃厚な食感との対比がたまりません。

表面は、焦げていて苦いのかと思いきや、苦さは皆無でした。

パンケーキ

パンケーキ ¥1,300- 
生クリームトッピング +¥200‐

6th by Oriental Hotelといえばこれ、という方も多いのではないでしょうか?

ふわふわホカホカの生地に滴り落ちるバターの川が食欲をそそります。

数年前の訪問時はキャラメルやチョコソースがかかったものを頂きましたが、今回はトッピングを生クリームのみに抑えて、はるなさんとシェア。

フワッフワの断面を眺めつつ、一口頬張れば至福のひととき。溶けたバターやメープルシロップをたっぷり染み込ませれば更に幸せが口いっぱいに広がります。

バスクチーズケーキを1つずつとパンケーキをシェアした為、注文時に店員さんに食べきれますか?と心配されましたが、パンケーキ慣れしている我々には無問題でした。

ずっしり&トロトロのバスクチーズケーキ、フワッフワのパンケーキ。どちらもオススメしたい逸品なので、有楽町にお越しの際は訪問してみて下さい。

店舗情報

公式HP: https://www.6thbyorientalhotel.com/

Instagram: https://www.instagram.com/6thbyorientalhotel/?hl=ja

Facebook: https://www.facebook.com/6thbyorientalhotel

定休日:年末年始(年に数回、メンテナンス休業有)

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。