食べ歩き&ぬい撮り散策記

パンケーキ多めの食べ歩きと、ぬい撮りの記録

北千住・茶香の平日限定いちごパンケーキ。待ち時間はどのくらい?

time 2018/02/11

北千住・茶香の平日限定いちごパンケーキ。待ち時間はどのくらい?

テレビで紹介されたこともあり、今や押しも押されぬ人気店となった北千住のパンケーキの名店・茶香さん

土日ともなれば整理券はあっという間になくなるこちら。今回は平日に訪問して来ました。

 

sponsored link

茶香さんに到着!

 

茶香さん外観

 

到着したのは8時30分頃。ちょうど整理券の配布がスタートしていました。受け取った整理券を見ると……。

 

14番!?

 

…平日・朝8時半ですらこの番号。人気ぶりは未だ健在です。

何時にお店に入れるのかな?と目途を立てるべく、茶香さんのTwitterを2日分遡ると、14番が案内されたのは12時〜12時半ごろ。

開店1時間前にお店の前にいればすんなり入れたころが懐かしい…。

 

こうなると、お店に入れるまで約4時間。しかもこの時間だと駅近のマルイやルミネはまだオープンしていない…。そこで、時間つぶしと寒さしのぎを兼ねて、同じ商店街のなかのコメダ珈琲に入ることに。

朝からやっているのは助かります。

 

いよいよ入店

 

茶香さんのTwitterをチェックしつつ、コメダ珈琲と駅近ウインドーショッピングで時間を潰して約4時間。自分の番号が近くなったのでお店に向かいます。

 

※茶香さんのTwitterで何番まで店内に案内されているかが確認できます。自分の番号の2番前になったら、お店の前に行って待ちましょう。案内された時に店前で待機していないとキャンセル扱いになり、整理券にかけた時間が水の泡になってしまうので注意!

 

無事、着席できたので飲み物を頂きながら、パンケーキが焼けるまで約20分待ちます。

この日はアイスティー

 

 

いよいよご対面!

 

待ちに待った、いちごパンケーキが運ばれて来ました。

 

平日限定「いちご」パンケーキ。単品¥1,450-

 

いちごが混ぜ込まれた北海道産生クリーム・いちごシャーベット・トッピングにもいちごで見た目から赤とピンクで可愛らしい一皿。

トッピングだけでも、4~5粒使われているんじゃないかと思うくらい惜しみなく苺を前面に押し出しています。

 

見るからにふわふわの生地にナイフを入れると…。

 

断面

メレンゲの白と、生地のクリーム色がパッと見て分かります。期待が高まります。

 

お味はいかが?

 

メレンゲたっぷりの生地は、ふわふわしゅわしゅわでぺろりといけちゃう軽い口当たり。ミルキーな生クリームは混ぜ込まれた苺が程よい甘みを効かせてくれます。トッピングの苺はパンケーキの後でも甘みが消えないので、そのまま食べても良し。生地やクリームと一緒に食べるのも良しです。

お口直しとして、程よい酸味のいちごシャーベットを挟みながら頂くと、一層美味しくいただけます。

 

行ってみての感想は?

 

「待った甲斐があった」

 

私の感想は、これに尽きます。

 

パンケーキにありつけるまで、北千住で4時間待つことになりましたが、やっぱり茶香さんのパンケーキは美味しく、その待ち時間も吹き飛びます。

 

とはいえ、整理券を取るのにも一苦労するのは変わりないので

  • 並ぶ際は防寒対策(夏は熱中症対策)を念入りに。
  • 時間を潰す手段は確保しておく。
  • 茶香さんのTwitterはこまめにチェック。
  • 出来れば整理券番号と数日前のツイートで何時頃になるかを予想しておく。

 

以上を踏まえておくと、待ち時間を過ごしやすくなります。

 

お店の情報はこちら

公式Twitter:https://twitter.com/GoodMa9

定休日:月・火曜日

※詳細は茶香さんの公式Twitterをご確認ください。

sponsored link

コメント

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。